[簡単ひと手間で美味しさ倍増] 〜水切りヨーグルトの作り方と使い方〜

[簡単ひと手間で美味しさ倍増] 〜水切りヨーグルトの作り方と使い方〜

こんな悩みをお持ちの方には、ぴったりのヨーグルト。

・料理のレパートリーを増やしたい

・冷蔵庫に余りがち、上手に活用したい

・ホエーって何?食べれるの?

その使い道は様々で、ソース、サラダ、マリネ、チーズ、タンドリー、パン、ケーキ、ドリンクなど。

大事なポイントは、「水切り」

これをするだけでヨーグルトの力を最大限に引き出します。

地中海料理の料理教室を展開中です。

作ってみたい方、食べてみたい方は、下記からお気軽にお問い合わせください。

大事な水切り

ヨーグルトの水分の名をホエーと言います。

栄養豊富で、用途もあるので捨てずにとっておきましょう。

基本的な作り方は、ザルにキッチンペッパーを3枚ほど重ねて、ヨーグルトを入れるだけ

あとは時間別で用途を変えていきます。(ヨーグルトの種類によって多少異なります)

①1〜2時間 なめらかさ残るサワークリーム状。「用途」ソース、ドレッシング

②6〜8時間 クリームチーズに近いしっかり感。「用途」サラダ、ケーキ

③塩を加えて1日 手で丸めるこのできる硬さ、ラバネというヨーグルトチーズに。

ラバネの詳しい作り方はこちら。

硬さ別の使い方

ソース

*水切り後、ヨーグルト100gの分量、作り方は全て混ぜるだけです。

ヨーグルトソース
・塩1g
・マヨネーズ15g
・レモンジュース10g
・はちみつ10g
・EVオリーブオイル
10g
ツァジキソース
・塩1g
・きゅうり
(細かく刻む)
1/2本
・にんにく
(すりおろし)
1g
・レモンジュース10g
・EVオリーブオイル
10g
ピーグルトソース
・塩1g
・ピーナッツペースト15g
・はちみつ10g
・醤油5g
・ピーナッツ
(粗めに砕く)
10g

・ヨーグルトソースは、ディップ用のソースや白身系の魚料理に最適なので、野菜スティックフィッシュ&チップス水餃子に。

ヨーグルトソースを使った、トルコの水餃子「マントゥ」のレシピはこちら。

・ツァジキソースは、鶏肉や豚肉がよく合うので、カツしゃぶしゃぶトマト煮込みにかけるのがオススメ。

ピタパンを使ったサンドイッチにもよく使います。

ツァジキソースを添えた、「エビのフリット」のレシピはこちら。

・ピーグルトソースの特徴は、粗く砕いたピーナッツの食感。

サラダドッレッシングや、カルパッチョローストポークに。

水切りが面倒くさいという方には、こちらの濃密ギリシャヨーグルトパルテノが、味、使いやすさの観点から見てもおすすめです。

デザート

・カッサータ(イタリアのアイスケーキ)

水切りヨーグルト200g
クリームチーズ100g
生クリーム100g
グラニュー糖50g
レモンジュース20g
お好きなドライフルーツ数種類適量
お好きなナッツ数種類適量

1、ドライフルーツとナッツは細かく刻む(ドライフルーツは洋酒に漬けて、1晩寝かせるのがポイント)

2、生クリームとグラニュー糖を混ぜ、ツノがしっかり立つ9分立てのホイップを作る。(分離しないように氷水をあてる)

3、クリームチーズを少し温め、常温にした状態でよく混ぜる。

4、クリームチーズに水切りヨーグルト、ホイップ、レモンジュース、ドライフルーツ、ナッツの順でよく混ぜる。

5、型に入れ、冷やし固めれば完成。(目安は1日)

・キカ(モロッコのスポンジケーキ)

水切りヨーグルト100g
薄力粉130g
全卵2個
グラニュー糖75g
サラダ油60g
ベーキングパウダー5g
レモンピール(あれば)適量

1、全卵とグラニュー糖を白っぽくなるまで泡立てる

2、サラダ油と水切りヨーグルト、レモンピールを入れ混ぜる。

3、薄力粉とベーキングパウダーをふるいにかけて、2に混ぜる。

4、15cm型に流し込み、175℃のオーブンで20分焼いて完成。

ラバネ

ヨーグルトと塩の割合は100:1

100gのヨーグルトに対して、1gの塩を混ぜて、丸1日水切りするだけです。

丸めることのできる硬さなので、オリーブオイルにハーブを加えて、ラバネを漬け込んだ保存食。

ラバネにハーブやルッコラを練りこんで、パンにたっぷり乗せたオープンサンド。

レンズ豆やひよこ豆とも相性がいいので、混ぜて、食べ応えのあるダイエット料理になったりと、その用途は多種多様です。

1日かかるのは大変ですが、ほったらかしでいいので、食べる前日に仕込んでおきましょう。

捨てないで!ホエーの使い方

近年、栄養の高さから、サプリやプロテインにも登場するほどになったこのホエー。

水切りヨーグルトを作っても捨てないで

たんぱく質、ビタミン、ミネラルがたっぷりと含まれています。

そんな活用法は。

・リコッタチーズ

1、ホエーと同分量の牛乳(低脂肪はNG)を火にかけ温めて、酢(ホエー200gに対して5g)を加え、分離させる。

2、ザルにガーゼ(なければキッチンペーパ−3重)を敷いて、1を流し、半日置いて固めて完成。

・レモネード

1、レモン1個を細かく切り、はちみつ50gを合わせて、水分が出るまで潰す。

2、ホエーを500g入れ、よく混ぜて完成。(甘さははちみつで調整)

・スープ

野菜スープや味噌汁に使う水の量を減らして、その分ホエーを入れてみて下さい。

栄養を逃さずに、全て摂取できるのがスープの魅力ですね。

インスタントやレトルトにも使えます。

・パン

こちらもスープ同様、生地を作る際、オリーブオイルと一緒にたっぷり練りこんでみて下さい。

独特な風味が、サワー種のような味わいになり、お酒にも合うパンに。

まとめ

捨てるところのないどころか、2段活用までできるヨーグルト。

ソースにデザート、チーズにまで変化するなんて使わないなんてもったいないです。

冷蔵庫に眠っていたり、普通に食べてるだけの方はいませんか?

料理のレパートリーも増えて、美味しくて便利な「水切りヨーグルト」ぜひ作ってみてください。

ここまでご視聴いただき、ありがとうございました。

国産、外国産はちみつ多数あり。豊かな味わいの蜂蜜【神戸養蜂場 通販ショップ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA