[地中海料理の基本を押さえる] 〜地中海料理に欠かせない調味料5選〜

Skill

そもそも地中海料理とは?

料理そのものではなく、イタリア、スペイン、ギリシャ、モロッコ、トルコ、イスラエルなど、地中海沿岸諸国で作られる料理のことを示します。

なので、ヨーロッパやアラブ、アフリカといった、地域それぞれの特徴を活かしているのも魅力の1つ。

共通する点は、使われる調味料なので、普段の料理にとり入れて、地中海の味にチャレンジしてみてください。

用意したい食材
  • オリーブオイル
  • レモンジュース
  • ヨーグルト
  • ハチミツ
  • スパイス

オリーブオイル

地中海料理で1番、ピンッとくるのではないでしょうか?

料理の仕上げやマリネする時、焼き物、アヒージョ、ソースなど、様々な場面で使われます。

オリーブオイルと言っても、大きく分けて2つのジャンルがあります。

エキストラバージンオリーブオイル(EVオリーブオイル)

オリーブの実を搾った1番搾りで、その中でも酸度が0.8%以下の良質なもの。

最大の特徴は、1番搾りなので香りが非常に強く、そのほとんどが非加熱調理

ただ、全てが非加熱ではなく、揚げ物や炒め物の香り足しに、少し加えるという使い方もあります。

[使用例:パスタの仕上げ、カルパッチョ、サラダ、フムス、マリネなど]

地中海料理の90%以上に使われていると言っても過言ではありません。

EVオリーブオイルをたっぷり使った、地中海のサラダレシピはこちら。

ピュアオリーブオイル

特定のバージンオリーブオイルにならなかったものを精製し、油の状態にしたものと、バージンオリーブオイルを割って、香りを足したオイルのことを言います。

香りが弱いので、サラダ油同様、加熱調理に使用

[使用例:ソテー、ポワレ、アヒージョ、フリット、パスタ、ローストなど]

サラダ油とピュアオリーブオイルを割った、ブレンドオイルがコストも低く、油を多く使うアヒージョに最適です。

しらすときのこを使ったアヒージョレシピはこちら。

レモンジュース

地中海の中でも、特にイタリアやギリシャでよく使われるレモン。

収穫量も多く、酸味や爽やかさをプラスする料理に使われています。

フレッシュのレモンなら、揚げ物や焼き物に添えたり、レモンジュースならマリネやサラダに。

レモンとよく合う、ギリシャの豪快な魚料理はこちら。

その他にも、レモンの皮を漬け込んで作る「レモンチェッロ」というお酒も人気。

家庭で作る場合、万能で扱いやすい、100%果汁のレモンジュースを常備するのがオススメです

ヨーグルト

よく使われる国は、ギリシャ、トルコ、イスラエル。

ギリシャでは、水切りヨーグルトにして使うことが多く、とても濃厚な味わい。

その水切りヨーグルトを胡瓜やレモンと和えて作る「ツァジキソース」が有名で、そのままディップにしたり、揚げものに添えたりして使われます。

トルコやイスラエルでは、魚や肉の下味として使われることが多く、臭み取りや素材柔らかくする効果を発揮。

スパイスをたっぷり使う「ケバブ」「シャワルマ」が有名です。

ツァジキソースを使ったサクサクフリットのレシピはこちら。

チキンシャワルマサンドのレシピはこちら。

ハチミツ

料理に加える甘みは、ハチミツを使うことが多く、砂糖はほとんど使いません。(デザートには使います)

ドレッシングや、ソース類に使う他、魚や肉をマリネする時に使うことでヨーグルト同様、素材を柔らかくする効果を発揮。

特にトルコは、世界2位という生産量を誇っているため、街中を歩くとあちこちでハチミツが売られているのを目にします。

オーガニックのものも多く出回っているため、世界中で注目されている食材の1つです。

天然アカシアはちみつ100%「花の露」

スパイス

数多くあるスパイスの中で、特に押さえておきたいスパイスを5種類(クミン、コリアンダー、パプリカパウダー、カイエンペッパー、ブラックペッパー)を紹介。

手に入りやすいものばかりなので、まずはこの5種類のパウダータイプから常備しておきましょう。

その他のスパイス別便利な使い方はこちらから。

クミン

煮込み料理や炒め物のスタータースパイス(調理の最初に、油で香りを引きだす方法)として、世界中で使われているスパイス。

料理例…フムス、ファラフェル、メネメン、ザルークなど

基本のフムスのレシピはこちら。

コリアンダー

肉や魚の臭み消しや、まろやかな甘みを活かしたマリネや、焼き物の下味に使われるスパイス。

料理例…スブラキ、キョフテ、エスカベッシュ、ピクルスなど

スパイス香るピクルスのレシピはこちら。

パプリカパウダー

辛みはなく、甘酸っぱさやほろ苦さを感じる味で、料理の仕上げや煮込み料理に使われるスパイス。

料理例…シャクシュカ、ソーセージ、タルタルソース、シャワルマなど

ヘルシーフード、シャクシュカのレシピはこちら。

カイエンペッパー

日本でもよく使われる唐辛子(鷹の爪)で、辛みを出したり、保存性を高めることができるスパイス。

料理例…アラビアータ、ペペロンチーノ、スティファド、マントゥなど

トルコの水餃子「マントゥ」のレシピはこちら。

ブラックペッパー

料理の香りづけ食材の臭み取り仕上げのパンチなど、多くの利用方法があり、食卓調味料としても並ぶ便利なスパイス。

料理例…カチョ・エ・ぺぺ、カルボナーラ、フリッタータ、ババガヌーシュなど

ブラックペッパーが決め手のカチョ・エ・ぺぺのレシピはこちら。

まとめ

地中海料理に必須な調味料、オリーブオイル、レモンジュース、ヨーグルト、ハチミツ、スパイスは身体にもいいものばかり。

これらを普段の料理に取り入れるだけで、簡単に地中海料理が作れるレパートリーが増える美味しくて身体にいいものを摂取できるなど、多くのメリットを備えています。

ご家庭に地中海料理を取り入れてみませんか?

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

添加物不使用の低糖質パン【フスボン】

コメント

タイトルとURLをコピーしました