[旬のスズキを美味しく食べる] 〜スズキとカラスミのカルパッチョ〜

Fish

4月〜8月にかけてが旬で、特に夏の間がよく太り、美味しくなるスズキ。

脂が乗って、コリコリとした食感が特徴的

醤油で食べるのも美味しいですが、たっぷりのオリーブオイルをかけた、カルパッチョで味わってみてください。

合わせる食材は、ボラの卵巣を塩漬けにして乾燥させた珍味「カラスミ」

味わいは、チーズとウニを足したようなコクのある塩気で、ねっとりとした舌触り。

キリッと辛口の白ワインや日本酒と合わせたい1品です。

ポイントは、

  • スズキは切ってから軽く塩を振り、脱水させる
  • 見た目の華やかさも美味しくなる要素
  • オリーブオイルをかけた後にカラスミをかけることで、風味が際立つ

レシピ

スズキとカラスミのカルパッチョ

 ・調理時間 15分
Course 魚料理
Cuisine イタリア料理
Servings 2 人分

Ingredients
  

 材料

  • スズキ 120g
  • カラスミパウダー 5g
  • ひとつまみ
  • EVオリーブオイル 15g
  • ブラックオリーブ 3粒
  • グリーンオリーブ 3粒
  • ケッパー 8粒
  • レモン ¼個
  • ミニトマト 2個
  • 松の実 8粒
  • ディル 2本
  • セルフィーユ 2本

Instructions
 

 調理

  • スズキを5mm幅のそぎ切りにして、塩を振って5分ほど置き、出てきた水分をふき取る。
  • お皿にスズキを敷き詰め、分量のレモンの半分を絞る。
  • 残りのレモン、ミニトマト、ブラックオリーブ、グリーンオリーブを小さくカットして盛り付ける。
  • 松の実、ケッパーも盛り付け、EVオリーブオイルを回しかけ、ディルとセルフィーユを飾る。
  • カラスミパウダーを全体的に散らして完成

Notes

この料理に使いたい食材

「イタリア サルディーナ産 ボッタルガ ムジーナパウダー 100g」

かけるだけで使える、便利なパウダータイプ。

少量かけるだけでも、驚くほど味に深みが出て、料理のクオリティが上がります。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

レシピを参考に、ぜひ作ってみてください。

カルパッチョとよく合う日本酒はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました