[甘さと爽やかさで白ワインが進む]〜かぼちゃのバルサミコマリネ〜

Mezze

イタリアでは、前菜、リゾット、デザートなど幅広く使われているカボチャ。

普段のレパートリーで煮物や天ぷらに偏りがちなら、ぜひ試してみてください。

揚げたてをマリネ液に漬け込むだけの簡単作り置きレシピ

アクセントに使うミントがポイントです

余談ですが、カボチャの名前の由来は「カンボジア」

その他にも、「南京」「唐茄子」「唐瓜」「ぼうふら」などたくさんあります。

ナスを丸ごと使った豪快なレシピはこちら。

ポイントは、

  • 食感よくするために、カボチャの皮は外す
  • ミントは手のひらで叩いて香りを出す
  • 揚げたてで調理すると味が馴染みやすい

レシピ

カボチャのバルサミコマリネ

 ・準備時間 5分 ・調理時間 5分 
 ・馴染ませる時間 30分
Course パスタ
Cuisine イタリア料理
Servings 4 人分

Ingredients
  

 材料

  • カボチャ 600g
  • 粉チーズ 30g
  • 塩(揚げたて用) 2g
  • 揚げ油 適量

 マリネ液

  • *玉ねぎ(みじん切り) 1個
  • *ミント 5g
  • *バルサミコ酢 100g
  • *白ワインビネガー 50g
  • *はちみつ 50g
  • *EVオリーブオイル 50g
  • *塩(マリネ液用) 6g

Instructions
 

 下準備

  • カボチャの皮を外して、1口サイズにカットする。
  • *印の材料を混ぜ合わせて、マリネ液を作る。

 調理

  • 180℃くらいの油でカボチャに火が通るまで揚げる。
  • 揚がったら、すぐに塩(揚げたて用)と粉チーズを絡め、マリネ液で漬け込む。
  • 落としラップをして、30分間、常温で馴染ませたら完成

Notes

 
この料理と合わせたい白ワイン

「ピエロパン ソアヴェ クラッシコ」

一口目から印象の残る香りと、キレのいい味が特徴的。

ハーブを使った前菜や生の魚介類と相性のいいワインです。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

レシピを参考に、ぜひ作ってみてください。

オススメのイタリアワインはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました