「炊飯器で作る、地中海ご飯」 〜魚介のパエリア〜

「炊飯器で作る、地中海ご飯」 〜魚介のパエリア〜

スペインのバレンシア地方発祥のパエリア

魚介や肉を炒めてベースを作り、生の米を加えて炊き上げるご飯料理です。

専用のパエリア鍋は、底が浅く丸いのが特徴的で、おこげが作りやすくなっています

今回はパエリア鍋を使わずに、失敗知らずの炊飯器を使ったレシピ

魚介の旨味を引き出して、お米に旨味を凝縮させていきましょう。

数種類のスパイスを組み合わせた味もお楽しみください。

スペインが生んだ人気スイーツ「バスクチーズケーキ」のレシピはこちら。

ポイントは、

  • 玉ねぎにんにく、魚介をよく炒める
  • お米は洗わない
  • 芯を残すため、水分は少なめ

レシピ

魚介のパエリア

調理時間 約1時間
Course メイン、ご飯料理
Cuisine スペイン料理
Servings 6 人分

Ingredients
  

 材料

  • 3合
  • エビ(あれば有頭) 6本
  • イカ ½杯
  • ボイルタコ 120g
  • アサリ 18個
  • オリーブ 12個
  • 玉ねぎ 1個
  • にんにく(みじん切り) 8g
  • トマト 1個
  • カットレモン ½個
  • ターメリックパウダー 小さじ1
  • パプリカパウダー 大さじ1
  • サフラン(あれば) ひとつまみ
  • コンソメの素 30g
  • 600g
  • 少々
  • 胡椒 少々
  • ピュアオリーブオイル 15g

Instructions
 

 下準備

  • にんにくをみじん切り、玉ねぎとトマトは1cm角のカットにする。
  • エビの背わたを取り、イカとタコは一口サイズにカットして塩、胡椒を振っておく。
  • アサリの砂だし。(50度のお湯で擦り合せるように洗い、5分放置する)
  •  調理
  • フライパンにオリーブオイルを敷き、玉ねぎとにんにくを加えて、玉ねぎがしんなりするまで弱火で炒める
  • 魚介類をすべて加えて中火で炒め、香りを出す。
  • トマトとパプリカパウダー、ターメリックパウダーを加え、トマトの水分を飛ばせるように炒める
  • 水とコンソメ、サフランを加えて一煮立ちさせてベースを作る。
  • 洗わないままの米を炊飯器に入れ、ベースを加え、一混ぜしてから炊飯する。(炊飯器によりますが、普通炊きで30〜40分が目安)
  • 炊き上がったらそこからよく混ぜ、お皿に盛りつけ、オリーブやカットレモンを添えて完成。

Notes

  • 盛りつけを綺麗に見せるなら、ベースを作った段階でエビやアサリを取り出し、お皿に盛りつけた段階で温めて盛り付ける。
  • 一緒に炊き込んでも、炊飯器の性質上、魚介が固くなりにくい
  • パウダースパイスはしっかりと炒めて粉気を飛ばす
  • スペインの味を掛け合わせたコロッケのレシピはこちら。

パエリアに欠かせないスパイス

GABAN サフランパウダー 5g

日本で手に入れるのはとても高価なサフラン。

色や香りを引き立てるなら、パウダー状のものがコスパも良くてオススメ

この5gという量が数回使えて、使い切るにはちょうどいい量になっています。

パプリカパウダーとターメリックだけでも美味しいパエリアになりますが、より本格的な味にしたい方には使って欲しいスパイスです

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

レシピを参考に、ぜひ作ってみてください。

地中海の出張シェフを展開中ですので、興味のある方は下記からお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Recipe Rating




CAPTCHA