[ムール貝の味を凝縮したお米料理] 〜ミディエ ドルマス(ムール貝のドルマ)〜

Fish

海辺の屋台でよく売られている、トルコの名物料理

「ドルマ」とは詰め物という意味で、野菜やブドウの葉にご飯やひき肉を詰めて、煮込んだり焼いたりするのが一般的。

今回は、「ピラウ」というトルコのご飯料理を、ムール貝の殻に詰めるレシピです。

このムール貝の凄いところは、出汁の美味しさ

ボイルするだけでも、旨味の強い出汁が出てくるため、ソースや料理のベースに使えて、非常に便利

フレッシュのものは身もプリプリで、美味しい出汁が出ますが、季節によって味にばらつきがあります

なので家庭で作る時は、美味しくて、味に安定感のある冷凍タイプを使うのがオススメです。

余ったご飯とトマトを使ったドルマのレシピはこちら。

ポイントは、

  • 生のムール貝を使う場合は、表面をしっかりと洗い、足糸を引っ張って取る
  • お米は、粘り気を出さないため、1度洗う程度にしておく
  • ご飯に入れる具材は、食感を揃えるために細かく切る

レシピ

ミディエ ドルマス(ムール貝のドルマ)

 40分
Course ご飯もの, 前菜
Cuisine トルコ料理
Servings 4 人分

Ingredients
  

 材料

  • 冷凍ムール貝 500g
  • 1合(180cc)
  • 玉ねぎ ½個
  • にんにく 2片
  • 松の実 20粒
  • ディル 3本
  • パセリ 5g
  • 白ワイン(なければ水) 50cc
  • ピュアオリーブオイル 大さじ2
  • 適量
  • ブラックペッパー 適量
  • レモン 1個

Instructions
 

 下準備

  • 玉ねぎ、にんにく、松の実、ディル、パセリをみじん切りにする。
    米を1度だけ水洗いしておく
  • [冷凍ムール貝の場合]
    殻を2枚に外して身を取っておく。
  • [生ムール貝の場合]
    殻をしっかりと洗い、足糸を取っておく。

 調理

  • 鍋にムール貝の殻(生の場合、そのまま入れる)と浸るくらいの水を加えてボイルして出汁をとる
  • ザルにあげて、出汁と殻に分ける。(生の場合はここで殻を2枚に外し、身を取っておく)
  • ムール貝の身を、刻んでおく。
  • フライパンにピュアオリーブオイルを敷き、にんにくを加えて香りを出たら、玉ねぎと松の実も加えて、弱火でしんなりするまで炒める
  • 玉ねぎがしんなりしたら、米を加えて透き通るまで炒め、白ワインを注いでアルコールを飛ばす。
  • ムール貝の身と出汁(180cc)を加えて、沸騰するまで中火、沸騰したら弱火で炊いていく。(焦げやすいので、底からよく混ぜる)
  • 途中で、ディルとパセリを加え、塩とブラックペッパーで味を整えながら、少し芯が残る程度(8~9分炊き)になるまで炊き上げる。(固ければ、出汁を足す)
  • 炊き上がったら、少し蒸らして、ムール貝の殻に詰めていく。
  • お皿に並べて、カットしたレモンを添えて完成。

Notes

  • 米を洗いすぎると、余分な水分を吸収して粘り気が出てしまうため、洗う回数を抑える。
  • ムール貝によって塩分濃度が異なるため、味身をしながら塩で調整する。
  • ピラウを作るときは、底から焦げやすいので、木べらを使って底からかき混ぜる。
  • 熱々で食べるより、常温くらいで食べるのがオススメ
  • トルコで人気の水餃子「マントゥ」のレシピはこちら。
扱いやすい冷凍ムール貝

「ノースイ 広島産 殻付 ムール貝 500g」

活け貝をボイルして、そのまま真空にしているため、旨味そのままで身も大きめ

出汁もしっかり出るため、ドルマを作る以外にも、ソースやスープなど幅広く使えるムール貝です。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

レシピを参考に、ぜひ作ってみてください。

全国3,000軒を超える農家・漁師から新鮮食材をお取り寄せする

コメント

タイトルとURLをコピーしました