[プロ直伝!本気のミートソース] 〜スパゲッティ・ボロネーゼ〜

Pasta

幅広い層から親しまれるミートソース。

家庭によって味も様々ですね。

今回は、少し手間はかかりますが、本格的なプロのレシピを紹介します。

休日やお祝い事の日に作ってみてください。

手間のかかる要素の1つは、ハンバーグを作ること

肉々しい食べ応えと、肉の旨みを詰め込んだミートソースに仕上がります。

濃いめの赤ワイン、シラーやサンジョベーゼと合わせるのがオススメです。

ミートソースを使ったナスのラザニア「ムサカ」のレシピはこちら。

ポイントは、

  • 香味野菜をしっかりと炒める
  • ハンバーグを作って、1度旨みを閉じ込める
  • フライパンに媚びりついた旨みを逃さない

レシピ

スパゲッティ・ボロネーゼ

 ・準備時間 5分 ・調理時間(ボロネーゼ) 1時間半
 ・調理時間(パスタ) 10分
Course パスタ
Cuisine イタリア料理
Servings 4 人分

Ingredients
  

 材料(ボロネーゼ)

  • 合挽き肉 320g
  • 玉ねぎ 1個
  • 人参 1本
  • にんにく 10g
  • トマト水煮缶 1缶(400g)
  • ケチャップ 100g
  • 赤ワイン 100g
  • 5g
  • ローズマリー 1本
  • 鷹の爪 1本
  • ブラックペッパー 少々
  • ピュアオリーブオイル 40g

 材料(パスタ・1人分)

  • スパゲッティ 1人80g
  • ボロネーゼソース 100g
  • 粉チーズ 15g
  • にんにく(パスタ用) 4g
  • パセリ 3g
  • EVオリーブオイル 5g
  • ピュアオリーブオイル(パスタ用) 15g
  • ブラックペッパー(パスタ用) 適量
  • 塩(茹で汁用) 湯の1%の量

Instructions
 

 下準備

  • 玉ねぎ、人参、にんにく、パセリを全てみじん切りにする。

 調理(ボロネーゼ)

  • フライパンにピュアオリーブオイルを敷き、玉ねぎ、人参、にんにく、ローズマリー、鷹の爪を加え、塩とブラックペッパーで味付けして、しんなりするまで炒める
  • 炒めた野菜を取り出して、熱を取る。
    熱が取れたら、ボウルに合挽き肉と野菜を入れ、ハンバーグを作るようにしっかりとこねる
  • 4等分に分け、ハンバーグ状に丸める。
    フライパンを強火にして熱し、中に火が通るまで焼いていく。
  • 焼けたら、余分な脂を捨てて、赤ワインを注いで煮詰める。
    煮詰まったら、ハンバーグを戻して粗めに潰し、トマト水煮缶、ケチャップを加え弱火で1時間ほど煮込む。(煮詰まってきたら、水を足す)
  • 煮込めたら、よく冷やす(すぐ使えるが、一晩置く方が美味しくなる)

 調理(パスタ)

  • たっぷりの湯に塩(茹で汁用)を加え、スパゲッティを茹で始める。
  • ピュアオリーブオイルににんにくを加え、弱火で熱し、薄く色づいてきたら、ミートソースを加え、茹で汁で少し伸ばす。
  • 茹で上がったスパゲッティを絡めて、お皿に盛り付け、粉チーズ、パセリ、ブラックペッパー、EVオリーブオイルをかけて完成。

Notes

  • 赤ワインを注いだ時に、フライパンに媚びりついた肉の旨みを、必ずこそげとってそのままソースにする
  • 煮込んでいる時に、泡がふつふつとしてきたら、煮詰まってきた合図なので、水を足したり、よくかき混ぜて焦がさないようにする。
  • ミートソースの日持ちは、冷蔵で2〜3日、冷凍で1ヶ月を目安にして使い切る。
この料理に合わせたい赤ワイン

「ファルネーゼ サンジョベーゼ」

コスパのいい、どっしりしたイタリアワイン。

ボロネーゼとの相性が非常によく、少し冷やして飲むと、さらに美味しくいただけます

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

レシピを参考に、ぜひ作ってみてください。

おうちをレストランに変えるパスタソース【TastyTable FOOD/テイスティーテーブルフード】

コメント

タイトルとURLをコピーしました