[余った魚をフランス料理に]〜酸味が決め手のマリナード〜

Fish

鮮度が大切な魚料理。

でも余ったり、お刺身に飽きたりしていませんか?

そんな時に活躍する、秘伝のマリナード(マリネ液)を紹介します。

白身、青身、赤身、どんな魚にも相性のいいレシピ。

今回は、ハマチを使用。

少し大きめに切って、たっぷりの野菜と一緒に食べるのがオススメです。

程よい酸味のシャルドネとご一緒に。

揚げた魚をマリネした、エスカベッシュのレシピはこちら。

ポイントは、

  • 魚に塩を振って、余分な水分を抜く
  • 最低でも30分は漬ける
  • 酸味の決め手は、レモン、ビネガー、粒マスタード

レシピ

酸味が決め手のマリナード(マリネ液)

 ・準備時間 10分 ・調理時間 5分
 ・漬け込む時間 30分
Course 前菜
Cuisine フランス料理
Servings 4 人分

Ingredients
  

 材料

  • お好みの魚(今回はハマチ) 200~250g
  • ミニトマト 4個
  • サニーレタス 3枚
  • パセリ(みじん切り) 2g
  • 塩(脱水用) 1g

 マリナード(マリネ液)

  • レモンジュース 10g
  • 白ワインビネガー 15g
  • はちみつ 10g
  • エキストラバージンオリーブオイル 20g
  • 粒マスタード 5g
  • ホワイトペッパー(なくてもOK) 1g
  • 5g

Instructions
 

 下準備

  • ハマチは1口サイズにカット。
    サニーレタスはちぎって水洗い。
    ミニトマトは半分に切っておく。
  • マリナード(マリネ液)を計量して、よく混ぜておく。

 調理

  • ハマチに塩(脱水用)を振り、10分程置いて、キッチンペーパーで余分な水分を拭きとる。
  • 拭きとれたら、マリナードに漬け込み、30分冷蔵庫で寝かせる
  • お皿にサニーレタスを敷き、マリネしたハマチを乗せ、ミニトマトとパセリで飾って完成。

Notes

  • 夜ご飯に余った刺身や、ボイルしたエビ、タコなどを混ぜて漬け込むだけで、次の日のおかずが1品完成。
  • ハーブ(ディルやバジル)、オニオンスライス、パプリカなどを一緒に漬け込むのもオススメ。
  • このマリナードは、魚以外にも鶏肉や野菜を漬け込むのにも役立つ万能液
  • 日持ちの目安は、3日以内。  
  • 新鮮なスズキを使ったカルパッチョのレシピはこちら。
 
この料理に合う白ワイン

「ブリー ホワイト シャルドネ」

フルーティーな香りとまろやかな酸味が特徴的。

魚介はもちろん、ビネガーを使った前菜と相性ピッタリ

しっかりと冷やして飲んでください。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

レシピを参考に、ぜひ作ってみてください。

ソムリエが最適なワインをお届け【Pocket Sommelier(ポケットソムリエ)】

コメント

タイトルとURLをコピーしました