[サッと炒めて作る、チュニジアの温野菜サラダ ] 〜 メシュイー 〜

[サッと炒めて作る、チュニジアの温野菜サラダ ]   〜 メシュイー 〜

野菜の食感を残すために、サッと炒めるのがこの料理の特徴。

サッと炒めたら、辛味のスパイスを使ったマリネ用ソースに漬け込んで。

冷めても美味しいですが、温かいか常温くらいで食べるのがオススメです。

もう一つの特徴は、ゆで卵を添えること。

チュニジアでは卵を使うことが多く、この料理には固ゆで卵を使うのが一般的ですが、お好みで固さを調整してみてください。

チュニジアの辛味調味料「ハリッサ」とご一緒に。

チュニジアのソウルフード「ブリック」のレシピはこちら。

ポイントは、

  • 野菜は火を通さずに、サッと炒めるだけ
  • マリネ液は先に用意しておく
  • 落としラップをして、全体にマリネ液が浸かるようにする

地中海料理の出張シェフを展開中です。

食べてみたい方、興味のある方は、下記からお気軽にお問い合わせください。

レシピ

メシュイー

・調理時間 10分 ・マリネ時間 30分
Course Salad, 前菜
Cuisine チュニジア料理
Servings 4 人分

Ingredients
  

材料

  • 2個
  • トマト 1個
  • 胡瓜 1本
  • ねぎ 1/2本
  • 人参 1/2本
  • にんにく 1片
  • オリーブ 10粒

マリネ用ソース

  • ピュアオリーブオイル 30g
  • レモンジュース 40g
  • 米酢 120g
  • 8〜10g
  • 砂糖 50g
  • 鷹の爪 1本
  • クミンシード 小さじ1
  • パプリカパウダー 小さじ1

Instructions
 

作り方

  • 野菜を全て1cmくらいのサイズにカットする。
  • マリネ用のソースを鍋に合わせて、温めて砂糖を溶かしておく
  • フライパンに、オイルを加えて、にんにく、人参、ねぎを炒める。
  • 人参の表面に火が通ったら、残りの野菜(胡瓜以外)も加えてサッと炒める。
    *火を通さなくてOK。
  • ボウルにあげて、胡瓜とマリネ用ソースを加え、落としラップをして30分程漬け込む
  • お好みの硬さにした茹で卵を添えて出来上がり。

Notes

胡瓜は色が飛んでしまうので、ある程度常温になった時点で加えると、緑色が保たれる。
スパイスは、ガラムマサラを使ってもOK。
オリーブオイルが決め手の地中海サラダレシピ11選はこちら。

チュニジアを代表する辛味調味料

「ハリサ・ベルベル 200g」

普通のハリッサに比べ、辛味が強く、スモーキーな香りが漂うのが特徴的

サンドイッチやスープなど、普段の料理に加えるだけで、味のレパートリーが広がります。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

レシピを参考に、是非作ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Recipe Rating




CAPTCHA