[安く仕入れてお手軽フレンチ] 〜舌平目のポワレ ケッパーソース〜

Fish

スーパーや業務スーパーのお魚コーナーに行くと、よく特価になっていたり、丸ごとの魚がまとめ売りされているのを見ませんか?

理由には、その日のうちに売らないといけなかったり、大量仕入れ、捌く手間などが挙げられます。

そんな安い魚も、焼き方、ソースで美味しいフランス料理に大変身

今回は、業務スーパーで1枚50円で売られていた、舌平目を使います。

名前はヒラメですが、実はカレイの仲間。

身が薄く、柔らかいので、捌くのに向かず、焼いたり揚げたりして調理しましょう。

辛口の白ワイン、リースリングやミュスカデと合わすのがオススメです。

酸味を効かせた、魚料理に合うソースのレシピはこちら。

ポイントは、

  • 魚を調理する時は、振り塩をして脱水させるのが基本
  • 焼く時は中火弱で、オイルをかけながらじっくり火を通す
  • 旨みが媚びりついたフライパンで、ソースを作る

レシピ

舌平目のポワレ ケッパーソース

 ・準備時間 10分 ・調理時間 15分
Course 魚料理
Cuisine フランス料理
Servings 2 人分

Ingredients
  

 材料

  • 舌平目 2枚
  • 2g
  • 胡椒(あればホワイトペッパー) 少々
  • 無塩バター 20g
  • ピュアオリーブオイル 20g

 ソース

  • ケッパー(液体も使う) 15粒程度(液体 小さじ1)
  • 玉ねぎ ½玉
  • トマト ½個
  • パセリ 5g
  • レモンジュース 大さじ2(30g)
  • 白ワイン 大さじ1(15g)
  • 塩(ソース用) 1g

Instructions
 

 下準備

  • 舌平目の鱗と内臓を取り、塩を当てて10分ほど置き、脱水する
    ペーパーで水気をしっかりと拭き取り、胡椒を振っておく。
  • 玉ねぎは線切り、トマトはざく切り、パセリはみじん切りにしておく。

 調理

  • フライパンを熱して、温まったら中火弱にし、ピュアオリーブオイルを加え、舌平目の下側を焼き始める
  • 途中、バターを加え、舌平目の上側に回しかけるようにして、火を通していく。
    身が柔らかいので、裏返さずに完全に火を入れる。(時短するなら蓋をしてもOK)
  • 焼き上がったら、お皿に盛っておく。*フライパンは洗わない。
  • そのままのフライパンに、玉ねぎを加え、しんなりするまで弱火で炒める。
  • 炒まったら、白ワインを加えて煮詰め、ケッパー、ケッパーの液体、トマト、塩(ソース用)、レモンジュースを加えて、さらに煮詰める。
  • 乳化し、とろみがついてきたら、パセリを加えて、盛り付けておいた舌平目にたっぷりとかけて完成。

Notes

  • 時間を短縮する場合は、蓋をして蒸し焼きでもOK。ふっくら仕上がります。
  • 玉ねぎや白ワインを入れた時、フライパンについた旨みをこそげ取り、そのままソースにする事で、美味しい要素を逃さないソースになります。
  • ミックスナッツを使った魚料理のレシピはこちら。
この料理に合わせたい白ワイン

「アルザス リースリング キュヴェ レゼルブ」

口に含んだ瞬間の酸味と、そこから広がる酸味が別物で、2度楽しめるフランスワイン

コスパがよく、魚料理や豚肉料理とよく合います。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

レシピを参考に、是非作ってみてください。

国内No.1産直ECサイト【食べチョク】で農家漁師のこだわり食材を注文する

コメント

タイトルとURLをコピーしました