[作り置きに最適な人気の前菜] 〜サバのエスカベッシュ〜

Fish

日本でも馴染みのある、いわゆる南蛮漬け。

揚げた食材を、たっぷりの酢に漬け込むので、日持ちもして、困った時の1品に丁度いいメニューです

南蛮漬けとの違いは、調味料と野菜を炒める工程がある事。

この工程が、野菜の旨味を引き出して、マリネ液を美味しくしてくれます。

野菜、魚介、肉、どの食材にも合うレシピ。

その中でも、特に相性のいいサバを使います。

暑い時期に食べたい、ビールの進む1品です

残った魚を揚げずにマリネ、その配合はこちらの記事で。

ポイントは、

  • 香味野菜の中でも、玉ねぎと人参は必須
  • 魚の基本は、振り塩をして脱水させる
  • 必ず揚げたてを漬け込む

レシピ

 サバのエスカベッシュ

 ・準備時間 15分 ・調理時間 15分
Course 前菜
Cuisine フランス料理
Servings 4 人分

Ingredients
  

 材料

  • サバ 2本
  • 振り塩 2g
  • 胡椒 少量
  • 薄力粉 100g
  • 揚げ油 適量

 マリネ液

  • 玉ねぎ 1個
  • 人参 1本
  • ニンニク 2片
  • ローズマリー 1本
  • ブロッコリースプラウト 1パック
  • コリアンダーホール(あれば)  5g
  • リンゴ酢 160cc
  • 80cc
  • グラニュー糖 40g
  • 塩(マリネ液用) 10g
  • ピュアオリーブオイル 30g

Instructions
 

 下準備

  • サバを捌いて、振り塩をし、10分置き、脱水させて水気をふき取る
  • 玉ねぎと人参をせん切りにする。
    揚げ油を170°まで温めておく。

 調理

  • 鍋にピュアオリーブオイルを敷き、潰したニンニクを加え、色づくまで弱火にかける。
  • 色づいたら、玉ねぎ、人参、ローズマリー、コリアンダーホールを加えて、しんなりするまで中火で炒める
  • リンゴ酢、水、グラニュー糖、塩(マリネ液用)を加えて一煮立ちさせたらマリネ液の完成。
  • サバを一口サイズにカットし、胡椒を振り、薄力粉をまとわせて揚げ油でカリッとなるまで揚げる
  • 揚がったら広めのバットやタッパーに取り出し、マリネ液をかけ、落としラップをして漬け込む。
  • 熱が取れたら、冷蔵庫で冷やして味を馴染ませる。
    冷めたら、皿に盛り付け、ブロッコリースプラウトで飾って完成。

Notes

この料理に合わせたいクラフトビール

「箕面ビール ペールエール 330ml」

シャープな口当たりと喉越しが特徴的なペールエール。

ビネガーと合わすことで、より飽きのこない味わいに。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

レシピを参考に、ぜひ作ってみてください。

国内No.1産直ECサイト【食べチョク】で農家漁師のこだわり食材を注文する

コメント

タイトルとURLをコピーしました