[スペインの味同士を組み合わせた1品] 〜タラのクロケッタ ソース・ガスパチョ〜

Fish

クロケッタはコロッケというスペイン語。

ベシャメルソースや卵白を使って、しっとりクリーミーな状態にするのが一般的な作り方。

本場では、バカラオ(干し鱈の塩漬け)を使いますが、手に入りにくいので、生の鱈を使ったレシピにしています。

合わすソースには、野菜をたっぷり使った、スペインの冷製スープ「ガスパチョ」

トマトとビネガーの酸味が、揚げたてのクロケットととてもよく合う1品です。

スペイン尽くしなので、同じスペイン産の白ワイン品種、ベルデホやマカベオと合わせてみてください。

人気のアヒージョレシピはこちら。

ポイントは、

  • 卵白でメレンゲを作る
  • 半冷凍にすると、衣がつけやすい
  • ガスパッチョを滑らかにするために、1度裏ごしする

レシピ

タラのクロケッタ ソース・ガスパチョ

 ・調理時間 30分
Course 魚料理
Cuisine スペイン料理
Servings 2 人分

Ingredients
  

 材料(クロケット)

  • タラ 100g
  • メークイン 3個
  • 玉ねぎ(せん切り) ½個
  • にんにく(みじん切り) 3g
  • 1個
  • 牛乳 45g
  • 約2g
  • 胡椒 適量
  • ピュアオリーブオイル 15g
  • タイム 2本
  • 薄力粉 100g
  • 150g
  • パン粉(細かめ) 100g
  • 揚げ油 適量

 材料(ガスパチョ)

  • カットトマト缶 ½缶(200g)
  • 胡瓜 ¼本(30g)
  • ピーマン ½個(15g)
  • 赤パプリカ ¼個(70g)
  • にんにく(みじん切り) ½片(2g)
  • バゲット 10g
  • EVオリーブオイル 30g
  • 2g
  • ブラックペッパー 少々
  • パプリカパウダー 少々
  • 白ワインビネガー 10g
  • タバスコ 3滴

 仕上げ

  • タイム(飾り用) 2本
  • 粉チーズ 5g
  • パセリ 5g

Instructions
 

 調理(クロケット)

  • メークインの皮をむき、4等分して鍋に加えて、水を張り、火が通るまで茹でる。
  • フライパンにピュアオリーブオイルを敷き、玉ねぎとにんにく、タイムを加えて中火で炒め、しんなりしたらタラも加えて塩、胡椒で味付けし、ほぐすように炒める。
  • 茹で上がったメークインを加えて弱火にして潰し、卵と牛乳も加えて全体がまとまるまで練り合わす。
  • 氷水に当てて熱を取り、整形して冷凍庫で表面を固める

 調理(ガスパチョ)

  • バゲットを2cmサイズにざく切りし、オーブントースターなどで表面に焼き目をつける。
  • 胡瓜、赤パプリカ、ピーマンを1cmサイズにカットしておく。
  • ミキサーに、カットトマト、EVオリーブオイル、塩、ブラックパッパー、パプリカパウダー、白ワインビネガー、タバスコを加えて撹拌させる。
  • 途中で、バゲット、胡瓜、赤パプリカ、ピーマン、にんにくを加えて滑らかになるまで撹拌させる。(より滑らかにするなら裏ごしする)

 仕上げ

  • 揚げ油を180°に設定し、温めておく。
  • 薄力粉と水を混ぜ、衣を作り、冷凍庫に入れておいたクロケットをくぐらせ、パン粉をつけ、表面がキツネ色になるまで揚げる
  • お皿にガスパチョを敷き、揚げたてのクロケットを乗せる。
  • さっと揚げたタイム(飾り用)を飾り、粉チーズとパセリを散らして完成。

Notes

この料理に使いたいアイテム

「タイガー スマートブレンダー ホワイト」

つぶす・混ぜる・刻む・泡立てる・おろすができる便利なアイテム

ガスパチョ作り以外にも、パテやドレッシング、デザートなど、これ1台で幅広く調理ができます。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

レシピを参考に、ぜひ作ってみてください。

シェフくる

コメント

タイトルとURLをコピーしました