[暑い季節に欠かせない常備マリネ] 〜トマトのバルサミコマリネとアレンジ冷製パスタ〜

Pasta

地中海料理には欠かせないトマト

サラダやパスタ、ソース、スープ、詰め物など、どの国でも幅広く使われています。

そんなトマトをバルサミコ酢に漬け込むことで、甘酸っぱさが増して美味しくなり、保存性も高まるので作り置きに最適です。

今回は、暑い季節にぴったりな、冷製パスタにアレンジしたレシピ。

甘酸っぱいトマトと冷たいパスタで、夏バテなんて吹き飛ばしましょう。

しっかりと冷やした白ワインや日本酒と合わせたい1品です

生ハムとオレンジを使った、冷製パスタのレシピはこちら。

ポイントは、

  • トマトの皮と種を取る
  • パスタの茹で加減は、袋に表記の時間より1分長く茹でる
  • パスタ、ソース、お皿をしっかりと冷やす

レシピ

フレッシュトマトの冷製スパゲッティ

 ・マリネ 1時間 ・調理時間 20分
Course パスタ
Cuisine イタリア料理
Servings 1 人分

Ingredients
  

 トマトのバルサミコマリネ

  • トマト 1個
  • バルサミコ酢 30g
  • はちみつ 15g
  • 塩(マリネ用) 1g
  • EVオリーブオイル 4g

 パスタ

  • スパゲッティ 70g
  • パルメザンチーズ 15g
  • タバスコ 1滴
  • パセリ(みじん切り) 5g
  • EVオリーブオイル(パスタ用) 10g
  • ブラックペッパー 適量
  • 塩(パスタ用) 茹で汁の1.5%

Instructions
 

 トマトのバルサミコマリネ

  • パスタ用の湯を沸かしておき、トマトをサッとくぐらせ、氷水に落として皮をむく
  • 横半分にカットし、ティースプーンなどで種をきれいに取り除き、1cm角にカットする。
  • トマトをボウルに加えて、バルサミコ酢、はちみつ、塩(マリネ用)、EVオリーブオイルに合わせて、冷蔵庫で40~50分漬け込む

 調理

  • パスタ用のお皿を冷蔵庫で冷やしておく
  • パスタ用の湯に塩を加えて、パスタを茹でる。(冷製なので、袋に表記の時間より1分ほど長めに茹でる)
  • 茹で上がったら、氷水に落としてしっかりと冷やす。
  • 冷えたらザルにあげ、水気を切ってボウルに入れ、トマトのバルサミコマリネ(個体)を加える。
    *液体は大さじ1だけ加える。
  • パルメザンチーズ、タバスコ、EVオリーブオイル、ブラックペッパーを加えてよく混ぜる。(味見をして薄かったら、塩を加えて調整する)
  • 冷やしておいたお皿に盛り付け、ブラックペッパーとパセリを散らして完成。

Notes

  • 通常のパスタの場合、茹で汁の塩加減は1%が基本、冷製の場合は氷水で締めることで薄まってしまうので、1.5%の塩を加える
  • 少量のタバスコが、味を引き締めてくれる。
  • バルサミコマリネの日持ちの目安は、冷蔵で5日
  • トマトを使ったケッカソースのレシピはこちら。
この料理の隠し味に

「リトル・ベリーズ ハバネロソース・ホット(中辛)」

辛いだけでなく、しっかりと旨味があるハバネロソース

パスタに少量垂らすだけで、引き締まった味わいに。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

レシピを参考に、ぜひ作ってみてください。

パスタに合わせたい日本酒はこちらから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました