[鶏ムネ肉とレモンを使った、あっさり低糖質煮込み] ~コトプロ・レモナト~

[鶏ムネ肉とレモンを使った、あっさり低糖質煮込み] ~コトプロ・レモナト~

ギリシャでは鶏もも肉を使うのが一般的なレシピですが、あっさりと鶏ムネ肉を使用したレシピです。

短時間で仕上げてしまうので、固くならず、柔らかジューシー

味付けはレモン、ケッパー、マスタードでさっぱり仕上げています。

もう一つの味付けには、ギリシャ料理に欠かせないオレガノを使用。

力強い香りが、肉や魚の臭み消しや脂っぽさを緩和してくれます。

少量でも香りがよく出るので、コスパの良いハーブです。

ギリシャ定番の肉料理「ムサカ」のレシピはこちら。

ポイントは、

  • 鶏ムネ肉のカットは、二口サイズくらいがオススメ
  • 下味にオレガノを使う
  • レモンで煮込んだ後、さらに追いレモンを使うとさらにサッパリ

地中海料理の出張シェフを展開中です。
食べてみたい方、興味のある方は、下記からお気軽にお問合せください。

レシピ名

コトプロ・レモナト

・調理時間 30分
Course メイン, 肉料理
Cuisine ギリシャ料理
Servings 2 人分

Equipment

  • 鶏むね肉 1枚
  • レモン ½個
  • じゃがいも 1個
  • にんにく 1個
  • ケッパー 10粒
  • 乾燥オレガノ 少々
  • 粒マスタード 大さじ1
  • ピュアオリーブオイル 30g
  • 200g
  • ½個
  • ブラックペッパー 適量
  • EVオリーブオイル(仕上げ) 適量

Instructions
 

作り方

  • 鶏むね肉とじゃが芋を一口サイズにカット、にんにくはスライス。
  • カットしたものに塩、ブラックペッパー、オレガノをまぶして、15分ほど馴染ませる
  • フライパンにオイルを敷いて、にんにくとじゃが芋を加えて焼き、鶏むね肉の表面も焼いていく。
  • 表面が焼けたら、水とケッパー、粒マスタードを入れて中火にかける。
  • レモンを絞って加え、水分が⅓くらいになるまで煮詰めていく。(塩胡椒で味を調整)
  • 煮詰めたら盛り付けて、たっぷりのオリーブオイル回しかけて完成。
    追いレモンするのもオススメ。

Notes

煮詰まってきたら、とろみがつくので完成の目安。
じゃが芋の代わりに、ズッキーニやブロッコリーを使うとダイエットメニューに。
鶏ムネ肉によく合う、サルピコンソースはこちら。

便利でお得な乾燥ハーブ

「神戸物産 spices of world バジル8g タイム7gオレガノ10gローズマリー10g4個セット」

今回のレシピに使用したオレガノ以外にも、大活躍する3種類のハーブがセットに。

バジルはパスタに、タイムは魚料理に、ローズマリーは肉料理にと使い分けやすいハーブ達です。

セットだと、味のレパートリーも広がりますね。

ここまでご覧いただきありがとうございました。
レシピを参考に是非作ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Recipe Rating




CAPTCHA