[スペイン生まれの焦がしスイーツ] 〜バスクチーズケーキ〜

Dessert

高温で焼いて表面を焦がす事で、程よい苦味が美味しいチーズケーキ

スペインのバスク地方が発祥という事から、この名がつけられました。

今ではコンビニで買えるほど有名なスイーツとなっています。

今回は、香りのレベルを上げるために、クリームチーズ、粉チーズ、カマンベールチーズといった3種類の手に入りやすいチーズを使ったレシピです。

香りが良く、渋みが控えめのピノ・ノワールがよく合います。

スパイスを効かせたチーズケーキのレシピはこちら。

ポイントは、

  • オーブンを温めるのを忘れない
  • チーズは必ず常温(ポマード状)にする
  • 裏ごしは絶対に必要な作業

レシピ

3種のチーズのバスクチーズケーキ

 ・調理時間 10分 ・焼き時間 約45分
Course デザート
Cuisine スペイン料理
Servings 8 人分

Ingredients
  

 材料

  • クリームチーズ 400g
  • カマンベールチーズ 60g
  • 粉チーズ 40g
  • 生クリーム 400g
  • グラニュー糖 150g
  • 卵(Mサイズ) 4個
  • 薄力粉 30g

 いちごソース

  • 冷凍イチゴ 200g
  • グラニュー糖 70g
  • レモンジュース 30g

Instructions
 

 調理(18cm型1台分)

  • オーブンを230°に設定し、温めておく。
  • クリームチーズ、粉チーズ、カマンベールチーズを温かい場所に置く。
    又は電子レンジで軽く温めて、常温(ポマード状)にし、滑らかになるまでよく混ぜる。
  • グラニュー糖を加え、馴染むまでしっかりとすり混ぜたら、卵を溶き、少しずつ加えてよく混ぜる。
  • 薄力粉をふるいにかけて混ぜ、生クリームも加えてさらに混ぜる。
    *この状態で裏ごしする。
  • オーブンシートを水で濡らし、くしゃくしゃにして型に敷き、ケーキのベースを流し込む。
  • 温めておいたオーブンで、約45分焼く。
  • 鍋にソースの材料を加え、弱火でジャムより水分がある状態まで煮詰める。(途中水分がなくなるので、水を足す)
  • チーズケーキの表面が焦げ茶色に色づき、竹串で刺して、生地がついてこなかったら取り出して、冷ます。
  • 冷めたら、カットして、イチゴのソースをかけたら完成。

Notes

このデザートに合わせたい赤ワイン

「レゾルム ド カンブラス ピノ・ノワール」

フルーティな香りが際立つフランスワイン。

程よい酸味と軽めのタンニンが、濃厚なチーズケーキとよく合います

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

レシピを参考に、ぜひ作ってみてください。

パン・お菓子作りの材料・器具専門店【TOMIZ(富澤商店)】

コメント

タイトルとURLをコピーしました