[ナスを使った豪快なイスラエル料理] 〜焼きナスのカルパッチョ スパイシータヒニソース〜

Mezze

カルパッチョと名前にありますが、本来の牛肉や魚介を使うカルパッチョとは別物。

豪快に焼いたナスを開いて、中にたっぷりのソースやハーブで飾るところから、その名が付いたと考えられます。

ビーガンやベジタリアンの方にも喜ばれるレシピ。

使うソースは、タヒニ(白ごまのペースト)に、数種類のスパイスを混ぜたもの

濃厚な味わいが、トロトロのナスとよく合います。

地中海のナス料理をまとめたレシピはこちら。

ポイントは、

  • 直火に網を置いて焼くことで、スモークの風味も加わる
  • 表面を焦がすと、中がトロトロの状態に仕上がる
  • タヒニは冷やすと固くなる性質があるので、ゆるめに作る

レシピ

焼きナスのカルパッチョ スパイシータヒニソース

 ・調理時間 10分
Course 前菜
Cuisine イスラエル料理
Servings 1 人分

Ingredients
  

 材料

  • 米なす 1本
  • タヒニ(白ごまペースト) 45g
  • 2g
  • レモンジュース 10g
  • EVオリーブオイル 15g
  • 30~40g
  • にんにくすりおろし 2g
  • クミンパウダー 少量(2振り程度)
  • コリアンダーパウダー 少量(2振り程度)

 仕上げ

  • パセリ(みじん切り) 5g
  • ミント 1本
  • ミニトマト 1個
  • ピンクペッパー 3粒
  • パプリカパウダー 適量
  • ブラックペッパー 適量
  • EVオリーブオイル(仕上げ用) 10g

Instructions
 

 調理

  • コンロの上に網を敷き、米なすを乗せて、全体が焦げるまでしっかりと焼く
  • ソースの材料、タヒニ、塩、レモンジュース、EVオリーブオイル、水、にんにくすりおろし、クミンパウダー、コリアンダーパウダーをよく混ぜ合わせておく。
  • 米なすが焼きあがったら、半分に開き、たっぷりのソースをかける
  • 仕上げに、細かく切ったミニトマト、パセリ、ミント、ピンクペッパーを飾り、EVオリーブオイルを回しかけ、パプリカパウダー、ブラックペッパーを振って完成。

Notes

このソースに使いたいタヒニ

「Le Moulin 練り白胡麻 タヒーナ 600g」

チュニジア産の練り白胡麻(タヒニ)

味が濃厚で香りが良く、タヒニソースにするのにピッタリの味わいです

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

レシピを参考に、ぜひ作ってみてください。

1食108kcal~。野菜の旨味を追求して誕生したオーガニックなヴィーガンレトルト料理

コメント

タイトルとURLをコピーしました